未分類

世界の見方

みなさん

こんにちは。

 

遊牧民的定住者シンイチです。

 

昨日はすごく雪が降ったんです。

少しだけでしたけど、私にとっては初めての経験でした。

今日はその夜の話。

 

バス停から寮までの帰り道、いつも森を抜けます。

f:id:skafuka:20171207181539j:plain

体験というのは不思議なものです。

今までなんども雪の日を経験したことがあるのに、

昨日はいつもと違った風に感じました。

 

 

苔があんなにふかふかだと初めて知った。

雪があんなに滑ると初めて気付いた。

一晩で雪がこんなに積もるのも初めて見た。

雪を踏む音があまりにも大きくて驚いた。

森があんなに静かになると知った。

雪が積もると舗装された道路も舗装されてない道も、

森も雪に覆われて、境目は無くなった。

 

もしかしたら

気付くことはたくさんあって、

それはしかも身近にゴロゴロ転がっている。

 

自分がそれに気付ける状態かどうか。

そういうことだと思いました。

 

【雪本】

オルハン・パムク「雪」
イタロ・カルヴィーノ「冬の夜ひとりの旅人が」

中谷宇吉郎「雪は天からの手紙」