THINKING LIFE

読書という体験が変わる:Kindleのおすすめタブレット、Kindle Paperwhite 

Kindleのおすすめタブレット、Kindle Paperwhite

皆さんKindleというサービスはご存知でしょうか?

Amazonが提供している電子書籍のサービスです。非常に多くの本が電子書籍で読むことができます。

そしてこのKindle書籍を読む専用のタブレットがKindleタブレットです。現在4つのモデルが販売されております。

この中でも筆者が所有しておりおすすめなのがKindlePaperwhiteです。

購入のきっかけ:目の負担を軽減したかった

この端末は1万円を超える値段のため、気軽に手に入れられるものでもありません。それでもなぜ購入にいたったのか。それは、目の負担を軽減するためです。

私は仕事でパソコンを1日8時間以上見ています。そして、ブログを書くのに2時間ほど。そして、スマホでツイッターやLINE、netflixでドラマ。起きている時間のほとんどをスクリーンと向かい合って過ごしています。

これでは体調を崩すのも必然で、ケアしてあげないと一日の終りに吐き気や頭痛に襲われます。

読書は1冊読めば2時間以上はかかります。読書も電子書籍に集約しつつある現在、少しでも目の負担を軽減したい。その思いから購入しました。

実際に買ってみた感想:最高の電子書籍リーダー

実際にこの商品を買ってみて、とても感動しました。

まずなんと言ってもこの軽さと小ささです。

読書習慣を作ってくれる

重さは180gで、サイズは単行本くらいのサイズです。

ジーンズのポケットに入るサイズ感です。

非常に軽いため、いつでもスキマ時間に簡単に取り出せます。そしてこのアクセスしやすさは、読書習慣を作るのにも非常に役立ちます。

例えば、電車の中やスキマ時間になんとなくポケットからスマホを取り出して、あまり目的もなくツイッターやネットの情報を見ていませんか?

その時間を読書習慣にすることができれば、毎日の積み重ねで何冊も本を読むことができます。

私がスマホで電子書籍を呼んでいたときは、どうしてもツイッターやニュースアプリ、LINEが気になってすぐに開いてしまっていました。そのせいで、読書もはかどらず、読書週間なんてまったくできませんでした。

しかし、Kindleをポケットに忍ばせてからは毎日スキマ時間にスマホではなく、本を読むことができます。

スマホと違い、「読書に特化した」端末であることも重要なポイントです。

またスキマ時間といえば、お風呂に入っている時間も有効に活用することができます。湯船に使っている間にKindleで読書をすることで、長風呂することもできますしいいことづくめです。

やはり目に優しい

この端末を買った最初の目的は、目の負担を軽減することでした。そして、期待通り、この端末にしてから読書に関する目の負担は大幅に減りました。

高解像度の画面で、目に負担がないように設計されています。

また、文字のサイズも変更できるので非常に便利です。

寝る前に布団で読むときもスマホより圧倒的に読みやすく、眠りもそこまで悪くなりません。

英語学習にも役立つ

Kindleには辞書機能もついています。単語をタップするだけで意味を調べることができるので、英語の本を読むのにもいいと思いました。

英語学習をする人で、多読をしてみようという人には便利だと思います。

紙の本ではいちいち別の電子辞書かスマホで調べなくてはいけないのですが、その手間が省けるからです。

まとめ

Kindle Paperwhiteは非常におすすめです。

その高性能な機能のおかげで読書週間にも役立ちますし、なにより快適です。電車でもお風呂でもどこでも気軽に本が読めるようになります。今では、ほとんどの書籍を電子書籍で読むようになりました。

みなさんもこの機会に電子書籍専用の端末の購入を検討されてはいかがでしょうか。

では〜。