Diary

【リトアニア留学記】日本は便利大国な気がする

ヨーロッパに来て3ヶ月近くになろうとしています。

3ヶ月過ごした実感として、

日本は便利大国なのでは?!

と思うようになりました。

特にコンビニと100均は便利ですね。

ちょっとした物が欲しい時にいけば、すぐ手に入ります。

こちらには色んなものがまとめて売ってる店が少なく、ショッピングモールとかにいかないと見つからないことが多いです。

例えば最近s字フックが欲しいんですよ。

多分100均に行けば一発で見つかりますよね。

大型スーパーに行っても未だに見つからないんです。

日本は小さいところまで便利にするものがたくさん売っています。

そしてそれがいつでも手に入る。

コンビニの強いところは24時間空いていて、大体のものが揃うところ、そしてどこにでもあるところです。

今まで5、6カ国ヨーロッパを回った限り、

24時間空いている店はほとんどありません。

大体の店は10時前にしまります。ベルギーに至ってはスーパーが7時くらいに閉まってましたね笑

あと、お酒を買える時間が定められている国もあります。リトアニアは10時までしか買えないルールです。

リガにはアルコール専門店があって、夜遅くまで開いていました。

しかし、日本のコンビニのように24時間でアルコールも買えて、他のものも大体揃うような店はこちらにはありません。

そう考えると、日本って本当に便利大国だなあ、と思いました。

それでは

〔補足〕

ちなみに「便利さ=良さ」と思っているわけではありません。

たしかに便利だけど、これからの時代は不便さが改めて価値になる時代だと思っています。手間がかかることの価値、というか自分の手の内に治らないものが広がって行くんではないでしょうか。