Diary

【リトアニア留学記】太陽と睡眠

今朝は雪が振りました。

朝起きて、ボーとしているときに、視界の端に何かがちらついて、

そちらを見てみると、雪が街に降り注いでいた。

これはテンション上がります。

なんといえばいいのでしょうか。

朝起きたら雪

って、すごく夢があります。

今日は「太陽と睡眠」というタイトルです。

僕は日本にいるとき早起きなタイプだったのですが、こちらにきてからまったく朝起きれなくなってしまいました。

なんでかなと、思ってたんですけど、

他にもなかなか起きれない人がいるみたいで

多分太陽が朝8時過ぎまで登らないのが原因の一つだと思いました。

みなさんご存知の通り、朝早く起きれば1日は長く感じますし、遅く起きると一日が短く感じます。

冬に動物は、ほのかな春を待ちながら冬眠して、植物は緩やかな雪解けをまって土の下で眠ります。

春を乞い願いながら、厳しい冬を切り抜ける手段として眠くなるのかもしれませんね。

リトアニアという東京より寒い場所に来て、改めて春のありがたみを強く感じました。

ではまた