生活のこと

自分のなんとなく「イヤ」に気がつくこと:心地よく生きるためのライフハック

「あと(Ulyseesは)選択したところが青くなったりするのがイヤ(笑)。」

この言葉は千葉雅也さんが以下の本で語っていた言葉です。

()内は私の補足なのですが、Ulyseesというのはテキストエディタのことです。スマホ、タブレット、パソコンで同期できて、シンプルなデザインが人気。

私も以前は使っていたツールです。

そんなUlyseesに対して、千葉雅也さんが語った「イヤ(笑)」という言葉がとても印象的でした。

些細な自分の違和感に気がつく

文章を選択したときに青くなるのは、あまりたいしたことではないようにも思います。通常仕事をしている際には気づかないような些細なことです。

しかし些細な感覚や違和感はとても大事です。

自分がなんとなく気になっていること、しかもほとんど意識に上らないような違和感を解消すると、自分の行動の風通しがよくなると感じます。

執筆ツールの変化

例えば私は千葉さんの本を読んでから、執筆ツールをかえました。

今まではGoogleDocumentだったのを、ScrivenerとWordに変更したのです。

すると文章を書くスピードがどんどんと速くなっていきました。

なぜかと考えてみると、1つにはGoogleDocumentがあまり美しくなく、気乗りしないことがあげられます。

天下のGoogle様のツールに文句をつけるわけではないのですが、汎用的であるがために便利で、汎用的であるがために自分にフィットしないわけです。

そこがScrivenerに移行してからフィットするようになりました。

書いていてフォントや、レイアウトが心地いいサイズ感なのです。

小さな違和感を解きほぐす

さてここまでごく個人的な一つの体験談を紹介したわけですが、きっと身の回りのことでも応用できるアイデアだと思います。

例えば先日、夜9時頃に急に睡魔が来ました。普段なら無視して12時頃まで起きているのですが、今回は睡魔に身を任せて寝てみました。

すると午前4時頃に目が覚めて、なんだかとても心地がよかったのです。

自分が普段触れるツール、もの、そして身体。

それらが感じた微細な違和感を大事にしたいと思います。