Diary

【リトアニア】独立100周年の「歌と踊りの祭典」の当日の様子

先日リトアニア含めバルト三国で行われた「歌と踊りの祭典」が大円団で終了しました。

今年は独立100周年と重なったこともあり、記念すべき会です。

「独立100周年」当日の様子はこちら

「歌と踊りの祭典」ってなに

リトアニアで4年に1回行われるイベントで、なんとユネスコの無形文化遺産に登録されています。

2018年今年の開催は6/30~7/6まででした。

開催場所はビリニュス市内様々な場所で行われます。

7/4:Ensembles’ Evening “Our Homeland” Kalnai Park

カルナイ公園という私の住んでいる場所の近くで行われました。午後10時からにも関わらず、とても多くの人が参加していました。

最近は午後10時以降も明るいので、夕日のオレンジと緑色に彩られたコンサート会場が美しく対比していました。

この日はタイトルにもあるように、故郷、ひいてはこの住んでいる大地に対する賛歌でした。

先祖がなければ今の我々はなく、土地がなければこの国はありえない。

そのようなテーマにそって歌と踊りが展開されます。

7/6:Procession From the Cathedral Square to Vingis Park

市内中心に位置する大聖堂から徒歩40分ほどかけてメイン会場であるヴィンギスパークへ向かうパレードです。

リトアニアの民族衣装に身を包まれた人々が行進していきます。

みなさん笑顔で本当に楽しそうです。

リトアニア以外の国の代表団も来ていて、実は日本からも十数人の方がパレードに参加していました。

Song Day “May the Unity Blossom“
The stage of Vingis Park

12000を超える歌い手が歌を歌う最大の山場です。

ヴィンギスパークには多くの人が集まり、

おもいおもいにイベントを楽しんでいました。

21:00から国家を歌います。

このとき、ビリニュスだけでなくリトアニア全土で同時に歌われたそうです。

ソ連、ロシアからの占領が長く続いたこの国にとって、国家が独立しているということ、リトアニア人であることはとても誇りあることなのでしょう。

人々が嬉しそうに国歌を歌う姿は胸を打つものでした。

基本情報はこちら↓
Song festival 2018

また4年後に行われるので、興味ある方はぜひ行ってみてください。