THOUGHT

自分のモチベーションを上げる方法:人と関わる

こんにちは、しんいちです。

今日はブロックチェーン関連のイベントがあったので取材で参加してきました。内容はブロックチェーンで最近注目されているSTOという資金調達方法についての基礎的な内容から、法律面、実用例など多岐に渡る内容でした。

話すのがあまり得意ではない

今回のイベントの内容は、ブロックチェーンやSTOについて知識が必要なので、この場では言及しないのですが、イベントの後に名刺交換をする時間、つまりネットワーキングの時間というものがありました。

自分もともと人と話すのが苦手なので、ネットワーキングの時間は名刺を配るのが苦手でした。どう話しかければ良いのか、何を話せば良いのか、毎回わからなくなります。しかし今日はビールが無料で参加者に配られていたせいもあるのでしょうが、たくさんの人と名刺交換をして話すことができました。

専門家の言葉を直接聞く

今回イベントに参加して本当に強く思ったのが、専門家の話を直接聞くという経験は非常に面白い、ということです。

自分はブロックチェーンの勉強をはじめてまだ半年くらいなので、まだわからないことがたくさんあります。記事を書くなどして、自分で勉強していると、何でこうなるんだろう、どうしてこうなっているのだろう、と思うことがたくさんあります。

それを専門家に直接質問すると、しっかりとした知識の上で話してくださるので本当に勉強になります。また専門家に将来の展望などを聞くと、やはり詳しいので広い視野を持った考え方からブロックチェーンの将来についての展望を話しています。

専門家の方が今まで学んできた知識を直接吸収できる、そう言う意味で専門家の方と話をする機会があると言うのは大変重要だなと思いました。

若くして活躍している人と知り合える

もう一つは大学生の方や、若い方々と知り合えたことです。彼らはブロックチェーンに付いて本当に詳しく知っていて、自分達で様々な事業をしていました。

彼らと話したことは自分にとっていい刺激になりました。自分と同じような年代の人で、努力して専門性を身につけている人に出会えて、モチベーションが上がりました。自分もモチベーションがあがるという面で人と、人と交流するというのは素晴らしい経験です。

今日お話した、1人の方は英語通訳として参加していました。彼の英語力の素晴らしさに奮起させられました。自分は英語を少し話せると言っても通訳できるほどではありません。

同い年なのに、知識や英語力が高く、自分ももっと勉強しなくてはいけないという気持ちになります。

まず身を投げ出してみる

イベントで第一人者の方とお話するのは勇気がいることかもしれません。しかし、こちらからかかわらなければ話すことも、交流が生まれることもありません。

自分から話しかけてみることで、より世界が広がり、自分のモチベーションアップにもつながります。

RELATED POST