THOUGHT

“Have a good day””Have a nice day”

こんにちは。遊牧民的定住者シンイチです。

今日はチューリヒ最終日。

朝からカフェに来ました。コーヒーとクロワッサンを楽しみながら、1時間ほどゆっくりします。

f:id:skafuka:20180430182753j:image
最近は旅行の仕方が変わったなぁ、と思います。

前は行きたい観光地をこれでもかと駆け足に回っていました。あれも見ておきたい、これも見ておきたい。そうやって焦り続けるのは少し疲れてしまいます。

いつからかこんな風に思うようになりました。

旅が終わると疲れ切ってるのって、どうなんだろう?

旅すらも日常であろうと願っています。

歩くことが人生であるように、

旅することも日常でありたいのです。

 

すると凄く楽な気持ちで旅ができるようになりました。

 

カフェで本を読みます。

湖を見ながらワインを飲みます。

電車で好きな音楽を聴きます。

 

今までよりもゆっくりした気持ちで

世界を国を認識できるようになりました。

 

 

なんてことを考えながら、カフェを出ることにします。今日はチューリヒの山を登る予定なのです。 

 

店員さんが

”Have a nice day”

と言いました。

私も

“Thanks, you too”

と言いました。

ほんの少しのやり取りです。

それでも胸が暖かくなりました。

 

“Have a nice day”ってとても素敵な言葉だと思うんです。

『良い一日を』と相手の幸せを願う。

気づけばチューリヒの人はみんな、この言葉を別れ際に言ってくれます。

“Have a nice day” “Have a nice trip”

相手の健やかな1日を祈り、言われた方も相手の素敵な1日を願う。

ささやかなやり取りですけど

それだけでその日が『いい一日』になりそうな気がしました。

 

これからは私も”Have a nice day”を言うようにしたいなと思います。

 

ではまた。

f:id:skafuka:20180430183155j:image