THINKING LIFE

猫のように生きたい

猫のように生きたい。

先日実家に帰ったら、窓の外に猫がいた。

真っ白な猫で、その猫は日向ぼっこをしていた。
自分は窓際で勉強していたので、その猫を上から見ていた。

猫はまったく動かない。

数時間の間そこで寝ていた。

たまにスズメが頭上を飛ぶと、それを見送るくらいだ。

猫は何をするでもなく眠り続けている。

一方で私は仕事を一生懸命に終わらせようとしていた。

「なぜ私はこれをやらなくてはいけないんだろうか?」

という考えが頭をよぎった。

「なぜ、猫のように寝ていたらけないのだろう?」

自分は今まで寝るのは無駄だと思っていた。

何かを成し遂げたければ睡眠時間を削らなくてはいけないと。
子供の頃から眠るのは時間の無駄だと思っていた。

昼寝しようと思っても、やることが頭をよぎり全く寝ることができない。

そういう人間だった。

しかし、猫を見てから、寝るのも悪くないな。と思うようになった。

だからここ数日は昼間でも眠くなったら寝るようにしている。

今までよりも一日でできることは減ったかもしれないが、その分一つひとつが大事な作業に見えてきた。

そして一日の時間がよりゆっくりになったように感じる。でも密度も濃くなった。

猫がなにもしなくてもいいのは、何も所有していないからかもしれない。

動物はものをもたない。

いま、部屋を見渡せば何百という「もの」に囲まれて私たちは生活している。

この違いはなんなのだろうか。

もっと身軽に、気軽に猫のように生きたい。

彼らには彼らなりの苦悩はあるのだろう。

それでも猫を見習うことで、少し忙しい毎日から距離を置くことができるのではないか。

スズメをなんとなく眺めることができるのではないだろうか。