THOUGHT

スマホを捨ててしまった日#3

こんにちは。しんいちです。

今日からはてなブログを卒業し、こちらのサイトに移転しました。

さて、スマホを捨ててしまって一番困っているのが仮想通貨のパスワードを紛失してしまったため、仮想通貨を保管している場所にログインできなくなっていることです。

正確に言うと、仮想通貨を買う場所として「取引所」と呼ばれるものがあります。

そこで有名なビットコインと日本円を交換したりできるのですが、取引所に入るにはもちろんパスワードが必要になります。

そしてスマホと連携することで、よりセキュリティ面を高めるのが

二段階認証と呼ばれるものです。

普通のサイトだったら、

「ユーザー名、もしくはメールアドレス」と「パスワード」でログインできます。

しかし、二段階認証はスマホと連携して、1分ごとに新しいパスワードが作成される仕組みです。

その二段階認証をスマホで行うために、安全性が高められているのです。

しかし、スマホをなくしてしまいました。

どうやら一回なくすと、その後とても大変なことがわかりましたので、そこについて説明します。

二段階認証のバックアップをとる

私は二段階認証のバックアップをとっていなかったために、今回とても大変な目にあっています。

なのでみなさんには同じミスをしないでいただきたい。

スマホで二段階認証を設定するときに、

QRコードと、20桁前後の番号が送られてきます。

QRコードのスクリーンショットか、番号の控えがあればすぐに復旧ができます。

しかし、このQRコードと番号は一番最初の一回しか表示されません。

なのでこれから手続きする人は必ずバックアップをとっておいてください。

参考までに私の現状

私は三つの取引所に仮想通貨を置いていました。

・QUOINE
・BCEX
・Binance

の三社です。

QUOINEは日本の会社で、日本語に対応しているためスムーズに口座を再開することができました。

しかし、海外の取引所であるBCEXは、返信はきても対応があまりよろしくありません。Binanceに至っては一週間近く返信がありません。

まだまだ道のりは長そうです。

みなさん、もし仮想通貨を使うようになる人がいたら

かならず二段階認証のバックアップをしてください。

スマホをなくしても安心することができます。

RELATED POST