LITHUANIA

手紙を貰う

こんにちは

遊牧民的定住者シンイチです。

 

リトアニアでの留学生活

最後のテスト期間が終わろうとしています。

 

だいたい6月の前半には全てのテスト、エッセイの締め切りがやってきます。

 

そして、

テストが終わった人々は旅行に出かけたり、母国に帰ったりしています。

 

今日、大事な人とお別れをしました。

 

これからしばらく会うことはないと思うと、とても寂しくて。

 

最近は「別れ」に弱くなってしまいました。

 

 

それで、みんな帰る前にポストカードに手紙を書いてくれるんです。

 

自分はラインできるからいいや、なんて思ってましたが、手紙を貰うことがとても嬉しい。

 

普段私たちは、

ラインやフェイスブックでやりとりしています。

一瞬でスマホからスマホへメッセージが届きます。

 

そんな速度のあるやりとりに慣れている一方で、手紙は届くまでに時間がかります。書くのにも、時間がかかります。

 

今日は手紙をもらいました。

 

手書きの文字自体が久しぶりでしたし、何よりその手書きの文字がとても素敵なものでした。

 

SNSと違って、手紙には感情がこもっています。

 

即時的なラインとは違って、遅効性で思いのこもった。

 

 

いつでもラインで伝えられることはあります。

 

一方で、手紙でしか伝わらないものもあります。

 

それは誤字を消す斜線だったり

最後の方に小さくなっていく文字だったり

 

そんな些細なところにも、

相手をみることができます。

 

踊るような文字の、pcで打ち込んだのとは違う味に魅力を感じた。

 

そんな日でした。