Column

教養のために情報収集してる、それだけにならないように

今日は情報収集って必要なのか?

という事を考えました。

インプット過多な現代

みなさんスマホの電源を入れてみてください。

たくさんのニュースまとめのアプリが入っていませんか?

有名なものだとNews Picks やスマートニュース、LINE NEWSなどです。

こういった情報系のアプリの中で、毎日開いているのはどれだけあるでしょうか?

私は一時期「教養のために情報をあつめなきゃ」と思って、たくさんのアプリをダウンロードしていました。合計10個くらい。

でもニュースをちゃんと読むことなんてしなくなるんですよね。

最初はなるべく読んでても、段々と流し読みになり、最後はアプリを開かなくなる。

これスマホ人生のなかで何度もあったことです。
そのたびにアプリを消去しては、インストールしてきました。

本当に大切な情報は少ない

それで今日1日インプットを断捨離してみたんです。

仕事で使う以外のときに、これらのアプリを開かないようにしてみました。

また、仕事用のメールもチェックする時間を決めて、決まった時間にまとめて確認するようにしました。

そうすると、自分の頭がかなりスッキリしました。
余計な情報が入らないとはこういう感じなのか。

そう思うほどに、効果は大きいみたいです。
インターネット時代にだれもがたくさんの情報に触れています。

ある種の全能感を感じることもあるでしょう。

そんな中でソクラテスの言う「無知の知」を知る。知らない状態でいる、ということは何よりも大切なスタンスかもしれません。