THINKING LIFE

部屋の残像

こんにちは。しんいちです。

明日はついに引越しの日です。

いつもは家族が主催する引越しでしたが、今回は自分がメインで引っ越す番でした。

思っていたより段取りが必要で、ギリギリまで家族に迷惑をかけてしまいました。

なんやかんやで殆どのものがなくなり、あとは明日スーツケースにものを詰めるだけです。

明日はゴミを捨てて、大家さんに鍵を返すだけです。

自分達の場所

この部屋は借りたものです。

いっときの仮宿。

でも半年とすこし過ごしただけで

なんとなく僕らの家になっていました。

木製のハンガーや、星座をかたどった置物。

飲みかけのコーラに、古びた下駄箱。

些細なものが家を浮かび上がらせます。

部屋の名残

今はそういった部屋の名残を感じます。

空のクローゼットには、たくさんの服が置いてあったことを思い出し、キッチンの流しの横の空白には冷蔵庫がありました。

天井の照明は白でなく、暖かいオレンジ色で。

もう片付いてしまった空っぽの部屋を見ると、まだ引っ越す前の家が頭に浮かびます。

次の場所へ

でも1つの場所を離れるということは、次の場所に向かうことになります。

今回の引越しでたくさんの反省があって、たった半年でたくさんものが増えていたりしました。

常に移動することで、少ない荷物でいたい。

新たな決意も得て、次の移動をより身軽に、そして新しい場所へのワクワクもあります。

「発想は移動量に比例する」というのは好きな旅人の言葉です。

今後はさらに多動して、発想を広げていきたいものです。