THOUGHT

体の繊細な声に耳を傾けるということ

こんにちは。しんいちです。

今日は一日中、頭痛が続いていて体調の悪い日でした。

仕事柄パソコンを毎日、何時間も使っているので、当然目疲れや肩こり、座り続けることからの足腰の痛みにつながっていきます。

定期的に眼からくる頭痛が起きていると、なかなか作業に集中することができません。

結局普段の何倍も時間がかかってしまいました。体調が優れないと、なかなか全力を出してコミットすることができません。

今日は一日中頭が痛い日でしたが、何とか作業を終えることができました。

しかし、おそらくコレも無視したまま作業をし続ければ、さらに重い症状にもなりかねません。

今日はパソコンを最低限しか使わないことにして、あとは紙面で行うようにしました。

お陰で今はかなり改善しています。

このように考えると、何らかの痛みというのは、体の危機を知らせてくれているのかもしれません。体がもう限界だよ、と声を上げてくれているのです。

体の微細な違和感を感じて、ケアしてあげていれば一日中頭が痛いなんてことは起きなかった可能性もあります。

常に忘れてしまいがちな体の繊細な感覚を、もっと敏感に感じれるようになりたい。

そう思うようになりました。