TRAVELING LIFE

【無料】チェンマイで開催されるコムローイ祭りのローカルな楽しみ方【ツアーに参加せずとも飛ばせます】 

チェンマイで開催されるコムローイのローカルな楽しみ方

チェンマイで陰暦12月の満月の夜に開催されるイーペン祭は、コムローイが有名です。ディズニーの映画「ラプンツェル」にも登場したこのイベントは毎年多くの観光客で賑わいます。

一般的にコムローイはツアーを予約して鑑賞すると言われています。私もツアーに予約しようと思ったのですが、調べているとどうやらツアーに参加せずとも市街地で楽しめるということがわかりました。

ツアーはかなり高額ですし、日本人ばかりのツアーで少し苦痛に感じる方もいらっしゃるようです。

そんな方に、市街地で無料で楽しむイーペン祭りとコムローイの様子をお伝えします。

来年はコムローイを見たいという方で、ローカルな楽しみ方をしたい方には大変おすすめですので、参考にしていただければ幸いです。

そもそもイーペン祭とは?

タイでは、毎年陰暦12月(新暦10月〜11月頃)の満月の夜、川の恵みへの感謝の気持ちを表し、自らに宿る穢れを濯ぐため、ロウソク、線香、花などで美しく飾られたたくさんのクラトン(灯篭)を川に流す「ロイクラトン」と呼ばれるお祭りが全国各地で行われます。チェンマイのロイクラトン祭りは「イーペン」と呼ばれ、ピン川を流れるクラトン(灯篭)が水上に浮かんだ天の川のように幻想的で美しいお祭りとして有名です。

https://www.thailandtravel.or.jp/chiang-mai-yeepeng-festival/

川の恵みに感謝し、穢れを祓うためのお祭りだそうです。日本の神社で聞く祝詞にも、似たような一節がありますね。

このお祭りの中でも日本では特に「コムローイ」が有名となっています。

どこにいけばコムローイが見れる?

筆者が行ったところチェンマイ旧市街の東を流れるピン川沿いが非常に多くの人で賑わっています。

その中でも特にコムローイを自分で上げることができるのは、ナコンピン橋の周辺です。

特に川沿いは多くの人で賑わっており、全く前に進むことはできませんでした。また、舗装されていないため足元が泥だらけになりました笑

個人的には川沿いで少し写真を撮ったら市街地を歩くほうがいいと思います。

ライター:10バーツ(40円くらい)
コムローイ:100バーツ(400円前後)

合計でも500円以下で楽しむことができました。

自分で火をつけてから、しばらくそのまま持っていると、紙製のコムローイがどんどん膨らみます。

膨らみきっておそるおそる手を離すと、「ふわっ」と空中に浮かんでいきました。

そのスピードの早いこと。

ぐんぐんと空高く登っていき、コムローイの天の川の中に消えていきました。

灯篭流しはどこで見れる?

このお祭りでは灯篭流しも有名です。

灯篭流しは基本的にビン川沿いならば楽しめると思います。

当日は露天がたくさんでており、そこには100円前後で灯籠が買えます。

奥のキラキラはすべてコムローイです

筆者も川に流しました。

基本的に土台から飾りまで植物でできていますので、流れてもゴミになることはそんなにないと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。一般的には有料のツアーで参加しなくては行けないと思われがちですが、無料でもコムローイを楽しむことができます。

ツアーは日本人向けのものも多いようで、現地のローカルな感じを楽しみたければ市街地のビン川沿いもおすすめです。

いつかコムローイを見たい!という人の参考になれば幸いです。

では。