未分類

【メモ】タイ料理が懐かしいくてタイに戻りたくなった

2020年11月3日 火曜日

今年の9月上旬にタイ、ベトナム料理を食べた。

アジアンフードのレストランで、横浜駅直通のビルにあったレストランだ。

そこで食べたタイ料理、例えばパッタイなどは凄く美味しくて、麺もしっかりしていて、味も上質だった。ついてきたスープも美味しかった。

パッタイ:タイの焼きそばみたいなもの

でも日本で食べるタイ料理やベトナム料理はちょっと違う。

フォーはすごく上質で、麺がちょうど良い茹でられ方をしていたし、スープも美味しかった。パッタイも豆腐が入っていてしっかりと再現されていた。

タイ料理のパパイヤのサラダを食べてみたかったけど、現地では生なのでお腹を壊す食品第一位だった。なので今回食べれてよかった。

現地では生のものは危険なのでお腹を壊す可能性がある。そういうリスキーなものは日本のアジアンレストランで食べるといい。

でもなんか現地の味が懐かしい。

べちゃべちゃな麺も、生焼けのねぎも、たまにお腹を壊して1週間くらい寝込むのも、店員がめちゃめちゃ無愛想なのも全てがいい。
いや、お腹壊すのは良くないけど。

タイの路上で売られていた麺
空芯菜炒めとご飯:たぶん二百円くらい


なんかそういうのもひっくるめてタイ料理、ベトナム料理なのだ。150円くらいの屋台料理がとても美味しい。だいたいお店は空いていて、2組くらいしかいない。

揚げたお肉ののったご飯:右奥の辛いソースをかけると美味しい
タイのマーケット
揚げ物の量り売り
ベトナムで食べた謎のサンド:皮がパリパリで美味しい


レストランではなく青空のもと食べる。イスがプラスチックみたいなやつで、座り心地が悪い。

そういうことも含めてタイ料理なのだと思う。

タイに帰りたくなった。

タイのマーケット

また屋台のおばあさんの行きつけのチキンカツを食べたい。夕方にプールサイドでビールを飲むゆっくりとした時間を過ごしたい。