TRAVELING LIFE

ランタンで有名!ホイアンの観光地と必要な日数:最低でも一泊は必要です

ランタンで有名!ホイアンの観光地と必要な日数

読者の悩みを明確にするベトナムの有名な観光スポットして名高いホイアンの町。ランタンがきれいで、オールドタウンの町並みも古き良き感じを思い出させてくれます。カフェもたくさんあったり、アオザイの購入ができたり、革製品が有名だったりと見る場所、やることが目白押しです。どこを見ればいいのか、何日必要なのか迷ってしまう人もいると思います。

この記事では3泊4日でホイアンに滞在した筆者が、実際に回ってみた上で、どれくらいの時間が必要で、どこをみるべきなのかおすすめします。

<見出し>

  • ホイアンとは?場所と行き方
  • ホイアンはどんな場所?
  • ホイアンでの滞在日数
  • ホイアンでおすすめの宿泊地域
  • ホイアンで一番安くて美味しかったお店

この記事を読むことでホイアンの観光のイメージが掴めると思います。

ホイアンとは?場所と行き方

ホイアンとはベトバムの中部に位置する有名な観光スポットです。先程も言及しましたが、ランタンやアオザイ、古い町並みで有名だったりします。

日本から行く場合、ホイアンへの直行便はありません。しかし、ホイアンまで来るまで1時間ほどのダナンという場所に日本から直行便が出ています。

東京からダナンまではおよそ5〜6時間ほどです。

東京とベトナムの時差は2時間で、東京が10時のときに、ベトナムは8時です。

仮に東京を13時に出たとして、時差を考慮して17時頃にダナンにつくことになります。そこからホイアンまではタクシーで1時間なので、18時頃、夕食前には到着可能ですね。

個人的には日が落ちてから到着というのはあまりおすすめしておりません。安全のためには日があるうちに宿についてしまうのがいいと思います。

ホイアンはどんな場所?

ホイアンはランタンだけが注目されがちですが、旧市街の町並みや中国様式な空間、フランスに占領されたことから発展したコーヒーやバイミーと呼ばれるフランスパンの料理など、文化の混ざりあった場所です。

日本も深く関係していたといいます。以下の写真は日本人が造ったされる来遠橋(通称「日本橋」)です。

どうやら何度も改築され、日本が作ったものではないともされていますが、日本人が作った橋として今も紹介されています。

日本とは古くから国交があったようで、17世紀頃には日本人町があり、300人以上の日本人が住んでいたと言われているそうです。しかし、当時の鎖国などを背景に日本人は日本に戻り、火災などで日本人外の面影は残っていないと言われています。

ホイアンを観光するなら「旧市街」と「ナイトマーケット」の2つがメインになります。川を挟んで対岸に位置する2つの観光地。

旧市街では町並みや建築物、アオザイや革製品のショッピングが楽しめます。ナイトマーケットでは最も有名なランタンを観ることができます。

ホイアンでの滞在日数は?

観光の目玉としては「旧市街」と「ナイトマーケット」くらいです。そのため、回ろうと思えば日帰りでも回れてしまいます。実際に19時頃に帰っていく団体の観光客の方をたくさん見ました。

しかし個人的には最低でも一泊することをおすすめいたします。

なぜならホイアンの町は一日ゆっくりと過ごすのが最適だとわかったからです。

昼はオールドタウンの古い町並みの中で、ベトナムコーヒーや、お茶を楽しみます。窓の外に見える景色が素敵なのでゆっくりとした時間を過ごすことができます。

夜はナイトマーケットです。ランタンの明かりに囲まれて、川沿いのテラス席などでお酒を楽しむのは最高でしょう。7時にツアーで帰ってしまうと、この夜のホイアンで、ランタンで照らされた町並みを見ながらお酒や料理を楽しむことができなくなってしまいます。

日帰りツアーが人気のようですが、せっかくホイアンまで来るのでしたらゆっくりと過ごすことをおすすめします。

ホイアンでおすすめの宿泊地域

ホイアンのナイトマーケット周辺には「Homestay」というタイプの宿がたくさんあります。

一般的にはホームステイは、家族の人と一緒に御飯を食べて団らんして、みたいなイメージがありますが、ホイアンのホームステイはそこまで接点はありません。

もちろんホームステイなので、個人のお宅にお邪魔させていただくのですが、個室ごとにシャワーやトイレがあります。感覚的には少し受付の人がフレンドリーなホテルといった感じです。

値段も比較的安くなるので、ホームステイは割と良かったです。

注意してほしいのはホームステイの中にはバス・トイレ共用などもあると思いますので条件は自分でチェックしてください。

ホイアンで一番安くて美味しかったお店

最後にご紹介するのがホイアンで一番安くて美味しい「BUP CAFE」です。ホームステイの宿の人が「ホイアンに18年住んで一番安くて、旨い店だ」と教えてくれました。

チャーハンが200円ほどです。

下の写真のパンケーキは100円で絶品でした。

旧市街とナイトマーケットを結ぶ橋のすぐ近くにあります。

まとめ

ホイアンは様々な文化の混じった魅力ある街です。ランタンは美しく、御飯も美味しい。雑貨やアオザイなども買えて魅力たっぷりな町です。

日本からでも2泊3日程度で十分楽しめるので、次のお休みにでもぜひ足を運んでみてください。