TRAVELING LIFE

【チェンマイ】Grabの種類についてと、Grabを利用するとたまに提案される1日観光ツアーについて

タイやベトナムで利用できる東南アジア版のUberと言われるGrab。

アプリで行き先と乗る場所を指定すれば、別に一言も会話せずとも運んでくれます。
アプリで決済なので、降りたら「承認」を押すだけ。とても簡単な移動手段です。

このGrabでは指定できる車の種類がいくつかあります。

Grabの指定できる乗り物の種類

Grabでは主に以下の3種類の乗り物を選択することができます。

  • Grab Bike
  • Grab Taxi
  • Grab Car

Grab Bike

バイクは一人用で、バイクの後ろに載せてもらい二人乗りで移動するものです。Grabで選択できるものの中では最も安価ですが、個人的には安全なのか不安でまだ利用したことはありません。

Grab Taxi

GrabTaxiは正式なタクシードライバーの車に乗ることができます。最も清潔で、特になんということもないタクシーです。GrabCarよりも少し値段が高めになります。

Grab Car

筆者が最も利用しているのがGrab Carです。一般の方が空き時間などに自分の車でタクシーとしての仕事をするというものですので、GrabTaxiよりも少し安価です。

まず個人の車なので、車の綺麗さなどに少し差があります。例えば、GrabCarで多いのが、匂いが気になる車です。香水かなにかの匂いが強い車があったりするので、そういうときは少し酔います。

また、かなり気さくに話しかけてきてくれるドライバーの人もいます。1人は長野県に1年間住んでいたという人で、急に日本の音楽を流してくれたりととてもおもしろい体験になりました。

そして今回続けてお話したいのは、このGrabCarを利用するとたまに提案される1日観光ツアーについてです。

Grabを利用するとたまに提案される1日観光ツアーについて

GrabCarの中には座席ポケットに観光マップを入れたりして、ツアーの提案をしてくる方などがいます。

例えば、市内から少し離れた寺院と他の小さな観光地をいくらで回ってあげるよ、ですとか。もしくはいくつかの寺院と、マイナーなマーケットをじっくり一日かけて案内してあげるよ、というものでした。

特に今日のドライバーさんは面白くて、まず、今までどこに行ったのか聞いてきました。そのうえで、「〇〇は行ったか?〇〇は行ったか?」と矢継ぎ早に聞かれ、どれもいってないと答えると、一日観光ツアーを提案してきました。

一日だといくらになるのかわかりませんが、時間のない観光客の方はこういったGrabを一日レンタルして、案内してもらうというのも面白いかもしれません。

この仕組は日本と違って面白いなと思いました。

日本のタクシーでは、個人でツアーの提案をしてくることなど有りません。

しかしチェンマイでは、GrabCarという一般人の車に乗るとたまに、このような個人ツアーの提案が来ます。

確かに、一日中乗客を待っては捕まえるよりも効率は良いでしょうし、きっと良い収入になるのだと思います。

もしかしたらいい体験かもしれない

自分はあまり見知らぬ人と会話するのが得意ではないので、このツアーはお断りしました。しかし、もしこういうのに興味がある人がいたら一度お願いしてみるといいかもしれません。

ローカルな人しか行かないマーケットや、観光地、レストランなどを回ってくれると言っていました。また、市街の外れにある小さなコーヒー屋さんもおすすめしてくれました。知られざる名店だそうで、世界でも有名なバリスタがひっそりと経営しているそうです。こんな情報めったにネットには上がっていませんよね。また、夜ご飯もドライバーさんと一緒にお酒を飲んだりして現地の友人ができるチャンスかもしれません。

もちろん詐欺的な行為にあう可能性も十分あるので一概におすすめはできませんが、一日観光のようなサービスの提案がGrabCarでは日常的に行われていることも知っていて損はないと思います。

まとめ

Grabでは主に以下の3種類の乗り物を選択することができます。

  • Grab Bike
  • Grab Taxi
  • Grab Car

三番目の個人のGrabCarを利用すると、たまに個人タクシーツアーの提案がされることがあり、内容を聞いている限りでは現地の人しか知らないおすすめなどを教えてもらえる有益なチャンスの場合もあります。

興味があったらリスクも考えた上で、考慮してもいいかもしれません。

では。