未分類

【チェンマイ】有名なニマンヘミン通りにあるOne Nimman(ワン・ニマン)が外せない!

有名なニマンヘミン通りにある美しい複合ショッピング施設:One Nimman(ワン・ニマン)が外せない!

チェンマイの旧市街から見て西側に位置するニマンヘミン通り。こちらはおしゃれなカフェや雑貨で有名であり、一部のブログ記事では「チェンマイの代官山」とも呼ばれています。

ニマンヘミン通りを中心に小道を入ると、いくつものおしゃれなカフェが存在していて、カフェ好きにはたまりません。

今回の記事ではチェンマイのニマンヘミンにいくならば絶対に外せないOne Nimman(ワン・ニマン)をご紹介します。

かわいいカフェやレストラン、おしゃれな雑貨屋さんから本屋さんまでが揃って非常に心躍るスポットです。

One Nimman(ワン・ニマン)はどこにあるの?

One Nimman(ワン・ニマン)はチェンマイ旧市街から見て西側のニマンヘミン通りに位置しています。

ニマンヘミン通りは旧市街、ナイトマーケットに次ぐチェンマイ3大観光地の一つです。
下の図だとBに当たります。

ニマンヘミン通りを中心にして、両脇の小道にはたくさんのおしゃれなカフェが存在しています。

そんなニマンヘミン通りの北側に位置するのがこのOne Nimman(ワン・ニマン)です。

One Nimman(ワン・ニマン)とは?

ニマンヘミン通り周辺は文化の中心地としてここ数十年ほど賑わっていたそうです。観光客やビジネスの増加によって、伝統的なデザインと、近代的な芸術を融合した場所になりました。

また18年以上に渡りNimmanhaemin Art & Design Promenade (NAP)というアートとデザインの祭典が毎年行われているといいます。

近年アートの土地として賑わっている場所で、おしゃれなカフェやショップが集まる場所としてOne Nimman(ワン・ニマン)はあります。

施設内には非常に多くのおしゃれなショップが入っているのがわかります。

One Nimman(ワン・ニマン)の様子

One Nimman(ワン・ニマンはヨーロッパ風のデザインの施設です。

今日訪れたときには中庭でコーヒーのフェアがやっていました。

どうやらコーヒーの美味しさを競うイベントだったようで、会場の真ん中では審査員が数名、何種類ものコーヒーを飲み比べていました。

昨年優勝したコーヒーを飲むことができたのですが、酸味が強く風味も豊かで非常に美味しかったです。

タイは最近コーヒーの文化が発展してきているようなので、カフェが好きな私にとってはとてもうれしな話です。

室内には雑貨や革製品のお店や、カフェもあります。

また、非常に可愛い本屋さんもありました。

一番奥にはフードコートがあり、たくさんの種類のお店から選ぶことができます。

One Nimman(ワン・ニマン)の一番北側には私の大好きなフライタグショップも入っていました。このメーカーは一個一個のデザインが全て違うので大変ステキなのです。

まとめ

チェンマイに行けば必ずおすすめスポットとしてしょうかいされるニマンヘミン通り。しかし、One Nimman(ワン・ニマン)のことを紹介している記事は殆ど見当たりませんでした。

しかし、筆者が訪れた中で一番オシャレなカフェや雑貨屋さんがあつまっていたのはこのOne Nimman(ワン・ニマン)です。

ニマンヘミン通りに行くことがあればぜひ足を運んでみてください。